チャットレディの税金と確定申告、知らなかったで済まされない!

税金と確定申告、丸わかりガイド

自宅にパソコンとネット回線があれば、初心者の女性でも簡単にできるチャットレディのお仕事。けれども「税金対策と確定申告の方法が、イマイチ分からない」とお悩みの方は意外に多いものです。面倒くさいから…と後回しにしていると、市役所や区役所から追徴課税を請求されるリスクもあるので、きちんとケアすることが大切になります。

・分からないと損する、税金対策

スーパーのレジ打ちやコンビニのトイレ清掃など、他のパートのお仕事と比較しても、時給も日給も高いチャットレディの仕事。コンスタントに仕事を入れていると、瞬く間に10万円・20万円と貯金が増えていきます。お小遣い稼ぎの延長線上に考えがちなチャットレディのアルバイトですが、実はれっきとした「税金を納める可能性のある、お仕事のひとつ」。 たとえ知らなかったとしても、所得があるのに税金を納めないまま知らんぷりしていると、地方自治体から悪質な滞納者と判断されて、ペナルティを負わされることがあります。無申告加算税と呼ばれる税金は、期間内に税金を納めなかったときにプラスされる税金のこと。納めなかった分の税金に、上乗せされて納税が求められます。また税金を期間より遅く収めた場合でも、延滞税という特別な税金が加えられます。 このほか「納税の義務があるのに、隠しているとき」や「明らかな隠ぺい工作をしているとき」はもっと罪が重くなり重加算税という追徴課税がプラスされます。楽しみながら続けられるチャットレディのお仕事ですが、知らなかったでは済まされないのが税金対策なのです。

・確定申告した方がいいケースは?

お気楽に思えるチャットレディの業務も、一定の額以上稼ぐようになると税金を税務署に納める必要が出てきます。チャットレディのような収入は、税金の言葉で「雑所得」という種類に入ります。このうち確定申告した方がいい場合は、1年間の合計所得の金額が20万円を上回ったときです。 ちなみに年間の所得が20万円までいかなかった時は、確定申告をおこなわなくても罪に問われません。ひと月に1万円くらいの給料しか稼いでいないときは、申告をしなくても問題ないことになります。 ちなみに雑所得は、経費を除いた「純粋な利益」を示しています。もしチャットレディの事務所から40万円の給料をもらっていても、インターネットの通信料やパソコンの購入代金、電気代などの経費が1年に5万円ほどあれば、40万円から5万円差し引いた35万円が雑所得になります。 ちなみにチャットレディに関係する必要経費は、必要経費として認められるもの・認められないものもあるため、計算の仕方が分からないときはあらかじめ税務署のスタッフに相談してみるのもオススメです。

・扶養に入っている女性は、税金に要注意!

ちなみにチャットレディの税金と確定申告について考えていったとき、忘れてはいけない重要なポイントもあります。それは「扶養と税金」についてです。一般的に雑所得や給与などのトータルが、年間で38万円を超えると夫の配偶者控除から外れてしまう計算になります。税金の控除の恩恵を、少しだけ外れることになるため覚えておくと良いでしょう。年間38万円というと、多くのチャットレディの女性が対象になるので注意が必要になります。 とはいえ、38万円の壁を超えたとしても年間76万円の所得までなら「配偶者特別控除」という特別枠に入ることができます。いきなり38万円を超えたからといって家計の収支がマイナスになることはないので、落ち着いて捉えることも大切です。 ちなみにダブルワークをしている人、他のパートと掛け持ちしている人は「すべての所得の合計金額」が税金の対象になります。年末調整や確定申告の時期には、間違えないように気を付けておきましょう。

税金や確定申告について丸わかりになれるチャットレディ求人をお探しの方はアリス(Alice)に問い合わせると丸わかりです。福利厚生が充実しているため簡単・安全に高収入稼げます。

Post Content